TOPページに戻る
原木と備長炭の大きさの比較
窯だしされ素灰で消火された備長炭は長さがまちまちで不揃いになっています。紀州備長炭の規格により長さがほほ決められているので、規格に合うよう裁断しなければなりません。しかし紀州備長炭の硬度は17度前後と鉄より硬いため黒炭のように鋸では切れません。そこで炭切り台といって鉄でつくられた台に炭を置いてなたで断ち切ります。この作業は見た目には簡単のように見えますが、慣れていないと思うような長さには切れずに長さが不揃いになったりして商品価値がなくなってしまいます。
接続環境に応じて「ナローバンド」または、「ブロードバンド」を選びご覧ください。なお、ご覧になるには「Windows Media Player」プラグインがパソコンにインストールされている必要があります。インストールされていない場合はこちらからダウンロードしご覧下さい。
Microsoftサイトへ

紀州備長炭窯元:紀州炭工房 info_sumikobo@sumikobo.net

本社住所:和歌山市向8−15

TEL:073−457−2462

FAX:0724−91−2777

当サイトの画像やコメント等すべての著作権は、紀州炭工房にあります。