TOPページに戻る
山から伐採してきたウバメガシをそのまま窯に入れるわけではありません。大きさをある程度揃えて切断するのと「木割り」といって木の太さを均等にする作業を行います。これは、細い木や太い木が混在すると窯だきの段階で、木の乾燥が均一に出来ないため焼きムラが起こり、出来上がった炭にヒビが入ったり、割れてしまったりとぶどまりが悪くなります。ウバメガシは大変堅い樹木なので、油圧を使った機械でくさびを入れて木を真っ二つに裂いていきます。地味な作業ですが、良質な紀州備長炭を作る上で大変重要ですね。
接続環境に応じて「ナローバンド」または、「ブロードバンド」を選びご覧ください。なお、ご覧になるには「Windows Media Player」プラグインがパソコンにインストールされている必要があります。インストールされていない場合はこちらからダウンロードしご覧下さい。
Microsoftサイトへ

紀州備長炭窯元:紀州炭工房 info_sumikobo@sumikobo.net

本社住所:和歌山市向8−15

TEL:073−457−2462

FAX:0724−91−2777

当サイトの画像やコメント等すべての著作権は、紀州炭工房にあります。