TOPページに戻る
原木と備長炭の大きさの比較
原木のウバメガシが備長炭になったとき一体どれくらいになってしまうのでしょうか?画像からも確認できるように約3/1程度にまで小さくなっています。これは窯の中で水分が蒸発、炭化されて木全体が凝縮したためです。原木に比べ細く短くなるので大量の原木が必要になります。大量に備長炭が生産できないのはこの為で、純粋の紀州備長炭はどうしても高価な炭になってしまうのです。また紀州備長炭は、硬さを表す硬度も17度前後と鉄よりも固く、のこぎりでは切れません。この辺も黒炭との大きなの違いと言えます。
接続環境に応じて「ナローバンド」または、「ブロードバンド」を選びご覧ください。なお、ご覧になるには「Windows Media Player」プラグインがパソコンにインストールされている必要があります。インストールされていない場合はこちらからダウンロードしご覧下さい。
Microsoftサイトへ

紀州備長炭窯元:紀州炭工房 info_sumikobo@sumikobo.net

本社住所:和歌山市向8−15

TEL:073−457−2462

FAX:0724−91−2777

当サイトの画像やコメント等すべての著作権は、紀州炭工房にあります。