TOPページに戻る
19世紀のアメリカで開拓者たちの台所を支えてきたダッチオーブンが、今改めてアウトドアを愛する人々を中心に注目されています。手入れのコツを覚えれば100年は使えると言われる調理器具、ダッチオーブン。しかし日本国内ではまだ扱っているお店は多くありません。そこで紀州炭工房では備長炭と共にアウトドアで大活躍するLodge社ダッチオーブンを気軽に手に入れられるようオンラインショップを開設しました。
LODGEダッチオーブンは、熱の伝わりが非常に穏やかで、火力の強い紀州備長炭の上にじか置きしても、食材へ直に伝えることはないので、コゲつきの心配が少なくじっくりと丁寧な調理を行うことが出来ます。また、非常に優れた蓄熱性を備えているので、熱が均一に器全体に廻り、食材を包むように加熱してくれるので、食材の組織を崩さずに旨みを閉じこめることができるのです。
Since.2004.Sep.1
ダッチオーブンは本体とふたの気密性が高く、ふたをすることで、中の水蒸気が充満し「無水料理」が出来る上、この水蒸気が本体とふたのわずかなスキ間を埋める「ウオーターシール(水蒸気膜)」となるため食材の旨みをのがすことがありません。
長年使い込まれ真っ黒になったLODGEをアメリカでは自慢と愛着をこめて「ブラックポット」と呼ばれています。何度も調理を行っていると、表面にある無数の孔のすみずみまで油が染みこみ、次第に黒光りを帯びてきます。するとLODGEは、テフロンコーティングされたように使いやすくなり、油を一切使わない「無油調理」が出来るようになります
ただし、そのためには使った後にお湯で洗い、水分をふき取り、熱して水分を飛ばして、薄く油を引いて保管する。という手順てきちんとシーズニングすることが大切です。そうすることによりLODGEは100年でも使え、やがてプロもうらやむほどに最高の調理器具へと成長していくのです。
商品についてのご質問等ございましたらお気軽にlodge_info@sumikobo.netまでお問い合わせ下さい。
当サイトの画像やコメント等すべての著作権は、紀州炭工房にあります。

紀州備長炭窯元:紀州炭工房 info_sumikobo@sumikobo.net

本社住所:和歌山市向8−15

TEL:073−457−2462

FAX:0724−91−2777